忍者ブログ
パース発、水槽飼いらんちゅう(もどき)と池飼いコメットの飼育日記。
カレンダー
04 2020/05 06
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:mameranchu
発信地:西オーストラリア州パース
好きなバンド、歌手:
Muse
Radiohead
Beck Goldsmith
Clint Boge
最新コメント
Re: 初めまして。  [01/17 mameranchu]
初めまして。  [01/16 yuxx]
RE:無題  [11/14 mameranchu]
無題  [11/13 Faberge]
RE: こんばんわ  [07/18 mameranchu]
ブックマーク
[99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ← ランキング参加してます。ぽちっとな。
ずっと金魚の世話もブログ更新もままならない日々が続いていましたが、なぜかというと4月下旬に結婚しまして、昨年末からその準備でバタバタしており、 やっと落ち着いたところなのです。

メイン水槽のフィッシュレス・サイクルが完成したので(この記事は次回)新しいらんちゅうを迎えるため週末にアクアショップに行ったのですが、らんちゅうはいませんでした。なので今のところ「らんちゅうネタ」はございません。裏庭のコメット達は元気です。

代わりにといっちゃなんですが、世界最大の魚類ネタを・・・



新婚旅行で西オーストラリア北部のエクスマウスに数泊したのですが、エクスマウスはジンベエザメの回遊場所として有名です。ちょうどその時期だったのでジンベエザメと泳ぐツアーに参加し、運良く2匹に遭遇しました。1匹目は小型ジンベエ(それでも3mはありました)、2匹目は6m級でした。


WH1.jpg

浮上中。私が一緒に泳いだジンベエのうちの一匹です。


多数のツアー会社から同じ内容のツアーが出ていますが、お勧めは Ningaloo Reef Dreaming。私がこの会社のツアーにした理由はスタッフがフレンドリーで知識も経験も豊富なだけでなく、現在エクスマウスで自社専用のスポッタープレーン(上空からジンベエを探すセスナ機)を所有する唯一の会社だからです。これ、すっごく重要です。



この会社以外はみんなスポッタープレーンを数社で共有しているので、一匹見つかると数社のボートがその一匹に集中します。ジンベエザメの周りで一度に10人以上泳ぐのは禁止されているので順番待ちとなりますが、ジンベエは浮上してから10分もしないうちにまた潜水してしまうことがあり、せっかく見つけても順番を待っている間に潜ってしまい一緒に泳げない人も出てきます。



ジンベエザメが見つかると、スノーケル、マスク、フィンを準備して待機。ジンベエの進行方向斜め前にボートが止まるのでそこからスノーケリングを開始し、ガイドの後ろに付いてジンベエの横を泳ぎます。ガイドから許可が下りれば、ダックダイブ(潜水)もOKです。ただしジンベエの真下をくぐったり泳いだりするのは禁止。

WH2.jpg

こんな感じで一緒に泳ぎます。

 
ボートには18人いたので2グループに分かれ、各グループにガイドがついて交代でスノーケリングしました。最初のグループ交代のためボートに戻った時、ガイドが「このジンベエザメは人間と泳ぐの楽しんでるみたいだから、しばらく潜水しないと思うよ」と言っていましたが本当にずっと水面近くにいました。胸鰭の先から3m、尾鰭から4m以内に接近するのは禁止されていますが、ジンベエのほうから興味深げに近寄って来て距離を保つのが大変だったそうです。

同じジンベエと1時間以上泳ぐのも禁止なので、1時間経ったところで別の個体を探すことになったのですが、5分もしないうちにスポッターから「もう一匹浮上中」との連絡が入りそちらへ直行。

その途中で他社ツアー集団の横を通過しましたが、ボート4台で1匹のジンベエを追っていました。各ボート10人以上いれば、合計8グループで順番待ちをすることになりますね。それじゃあんまり一緒に泳げない・・・


WH3.jpg

頭でっかち、上からズームイン。横幅が1mくらいあります。

2匹目は30分ほど水面近くにいました。のんびり泳いでいるように見えますが、さすがに6mもあると尾も大きく、一振りでかなり推進力があります。大型のジンベエザメは20ノット(時速37km)のスピードが出せるそうです。



スノーケリングに慣れていない人は、ツアー前に練習したほうが無難です。ジンベエを探し始める前に一度スノーケリングをする時間があり(ガイドが各参加者の泳ぎのレベ ルを確認するため)、初心者の場合そこで丁寧に指導してくれますが、ジンベエと泳ぐ時は水面レベルまで下げたボートの後部デッキからジャンプし、その後すぐ15mほど先で待っているガイドの元へ泳ぐ必要があり、うまくスノーケルクリアできなかったりフィンの使い方に慣れていないなどモタモタしていると、追いつくのに苦労すると思います。



WH4.jpg

この部分で個体を識別します。ジンベエに遭遇したらここを写真に撮りましょう。

ツアー料金は $360 と安くはないのですが、それだけの価値はじゅうぶんありました。料金の一部はジンベエザメのリサーチや保護活動に寄付されます。専属カメラマンがツアーに同行して水中と船上で撮った写真(200枚近く)をCDにしてくれるという無料サービス付き。上の写真はすべてその一部です。



今回のツアーで、ジンベエザメ2匹との「スイムタイム」は2グループ合わせて1時間半!このツアー会社の過去の平均記録は25分くらいということで、私が参加した日はすごく運が良かったようです。他会社は順番待ちをしなきゃいけないので平均時間はこれよりずっと短いと思います。



学生時代に海遊館で初代の「遊ちゃん」を見ましたが、大海をのびのびと泳ぐ野生のジンベエに会えて嬉しかったです。



国際条約の取り締まり強化などで、もっと保護されるようになれば良いですね。成熟するまで30年もかかる魚なので乱獲にはとても弱いんです。絶滅危惧種なのですが、中国や日本で高級フカヒレとして売れるため、今でも世界各地でジンベエザメの密漁は続いているそうです。悲しい事ですね。

PR
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ← ランキング参加してます。ぽちっとな。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
修正用パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
このパスワードはコメント投降後に内容を修正する場合必要ですが、
修正することはないと思えば入力不要です。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]